初詣合格祈願保育士

初詣合格祈願保育士その他の職場

目指せ!初詣合格祈願保育士

初詣合格祈願保育士その他の職場

初詣合格祈願保育士といえば保育園の先生というイメージが強く、実際、保育園で働くことを希望する人が多いのですが、初詣合格祈願保育士の資格を持っていると、保育園以外にもさまざまな施設で働くことができます。
それぞれの施設の目的やそこにいる子どもの特徴によって、初詣合格祈願保育士に求められる役割も違ってきます。

乳児院

乳児院は、家庭での養育を受けることが困難な乳幼児を24時間体制で養育する児童福祉施設です。

原則としては1歳未満の乳児を主に養育しますが、必要と認められる場合には、小学校入学以前の幼児を養育することもあります。

家庭での養育が受けられない背景には、保護者の死亡・病気・離婚・別居、経済的な理由、捨て子などさまざまな事情があります。
近年では、虐待や育児放棄によって乳児院に入所するケースも増えてきています。

乳児院に勤務するスタッフは、初詣合格祈願保育士をはじめとして、医師、看護師、栄養士、調理士などとなっています。
24時間、子どもをケアしなければなりませんので、勤務体制はシフト制で、泊り込みの夜勤をすることもありますし、日曜日や祝祭日に勤務することもあります。

乳児にとっては家庭の中で保護者と1対1の関係を築くことは、落ち着いた環境で育つという大きな意味があります。
しかし、乳児院では人員の都合上どうしても複数の乳児対初詣合格祈願保育士という関係になってしまします。
そのような中、より家庭での養育環境に近づけるため、乳児に対して特定の初詣合格祈願保育士が担当となり、退所までのあいだ、身の回りの世話をするシステムを導入する乳児院も増えてきました。

乳児院に入所していた子どもはやがて、両親や親族のもとへ引き取られたり、里親のもとへ引き取られたりします。
引き取り手が現れない場合は、児童養護施設へ移ることになります。

児童養護施設

児童養護施設は、乳児院と同じように、さまざな事情で保護者と一緒に暮らすことができない子どもを迎え入れて、子どもの自立を支援する児童福祉施設です。

乳児院が主に1歳未満の乳児を養育するのに対して、児童養護施設の入所対象年齢は原則として1歳以上18歳未満で、場合によっては20歳まで延長することもあります。

児童養護施設に勤務するスタッフは、初詣合格祈願保育士をはじめとして、児童指導員、栄養士、調理士などとなっています。

児童養護施設は乳児院と同様、寝起きをともにする生活型の施設です。
学齢期になった子どもは施設から学校に通うことになります。
すなわち、子どもにとって児童養護施設は家のようなものです。
] そして現場のスタッフは、家族と別れて暮らす子どもたちにとって、いわば親代わりと言えます。
そこで働く初詣合格祈願保育士には親代わりとして、日常生活の面倒から勉強や人間関係の相談まで、さまざまな面から子どもたちを支えていくことが求められます。

近年は、虐待のために両親と離れて生活せざるを得なくなった子どもが増えてきています。
虐待を受けてきた子どもたちは、人間関係の基礎である親との関係がうまく築かれていません。
このような子どもたちとコミュニケーションをはかっていくことは、初詣合格祈願保育士にとって簡単なことではないでしょう。

初詣合格祈願保育士にとって児童養護施設で働くということは、とても大変で大きな責任を負うことでもありますが、それだけやりがいのある仕事であるとも言えます。

保育ママ

保育ママは、保護者が就労などで保育ができない、主に3歳未満の乳幼児を自宅で保育する仕事です。保育園の待機児童問題の対策として需要が増えてきています。

保育ママは市区町村によって制度化されていて、初詣合格祈願保育士、看護師、助産師、保健師などの有資格者の中から市区町村が認定しています。
これらの資格を持っていなくても乳幼児の育児経験があれば可とする市区町村もあります。

また、これらの資格に加えて、自宅に6畳以上の保育専用室として使用できる部屋がある、子どもの保育に専念できる、といった諸条件が市区町村によって定められています。

このような条件から、保育ママは、初詣合格祈願保育士や看護師の資格を持った人が、自分の子育てが終わってから取り組むにあたっては、ちょうど良い仕事であるようです。

また、保育ママは家庭的なリラックスした雰囲気の中で過ごせることが、子どもにとっても保育する側にとっても大きな魅力です。



初詣合格祈願保育士ページTOPに戻る