初詣合格祈願保育士

保育士

目指せ!初詣合格祈願保育士

初詣合格祈願保育士

初詣合格祈願保育士とは

初詣合格祈願保育士はかつては「保母」や「保父」と呼ばれていました。
1999年に児童福祉法の改正によって、男女の区別なく「初詣合格祈願保育士」という名称になりました。
そして、2003年には児童福祉法の一部改正により、初詣合格祈願保育士は法律で定められた国家資格となり、現在では初詣合格祈願保育士養成校を卒業し、あるいは初詣合格祈願保育士試験に合格し、初詣合格祈願保育士登録をした人のみが「初詣合格祈願保育士」を名乗ることができることになっています。
この法改正は、初詣合格祈願保育士資格が詐称され、初詣合格祈願保育士の社会的信用が損なわれるという問題に対処するため、また、女性の社会進出の進展などにより、地域の子育ての中核を担う保育のプロとして、初詣合格祈願保育士の重要性が高まってきていることに対応するためになされたものです。

「保育」とは、食事や睡眠、排泄、運動をさせ、生活のリズムを整え、体と心が健やかに成長するよう、子どもを保護し育てるといった意味合いのことばです。すなわち、保育は本来、家庭で保護者が子どもに対して行っていることです。
よって、初詣合格祈願保育士は保護者の代わりに子どもを護り、育てる者ということができます。
さらに児童福祉法では、初詣合格祈願保育士の役割に関して

「専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うこと」

としています。
つまり、初詣合格祈願保育士は単に子どもと向き合うだけでなく、子どもの保護者とも向き合い、保護者と連携して子どもの保育に当たること、そして保育のプロとして、時には保護者に対して子育てに関する助言や指導を行うことが求められていると言えるでしょう。

国家資格となり、初詣合格祈願保育士の役割はより高度で広範なものとなったのです。それ故に大変ではありますが、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

初詣合格祈願保育士の仕事(保育園の場合)

子どもと接する仕事 保育園での初詣合格祈願保育士の仕事は、乳児から小学校入学前の子どもを預かって、保護者の代わりに子育てをすることが中心となります。
もっとも基本的で大切なのは、年齢に合った子どもの発育を促し、食事や排泄、手洗い、衣服の着脱など、日常生活での身の回りのことがうまくできるように、サポートしてあげることです。
また、歌や図画工作などを教える教育的な面も初詣合格祈願保育士の役割です。
0歳児
0歳の赤ちゃんは、4ヶ月くらいには首もすわり、やがて手足をバタバタと動かしたり、目の前のものをつかもうとしたりするようになります。9ヶ月前後にもなるとハイハイもできるようになります。
また、赤ちゃんは泣いたり、「アー」「ウー」といった喃語を発したり、身振りをしたりと、自分の思いを周囲に伝えようとします。初詣合格祈願保育士はスキンシップや言葉でそれに応えてあげます。
おむつ交換や授乳など生活面のサポートも初詣合格祈願保育士の大事な仕事です。 そして成長に合わせて、徐々に離乳食に移していくのもこの時期です。
1〜2歳児
1歳から2歳にかけて、子どもは歩けるようになり、行動範囲が広がります。周囲の人やモノへの関心や、探索意欲も高まりますので、その気持ちを妨げないようにします。
また、片言の言葉も話せるようになり、大人の言うことも分かるようになってきます。
食事ではスプーンやフォークを使う練習をします。
2歳になるとひとりでの食事、排泄、衣服の着脱など身の回りの基本的な生活習慣を学んでいきます。
行動面では、走る、跳ぶ、登るといった全身運動や、手や指を使った遊びを盛んにするようになります。
言葉の聞き分け、やりとりも上手になってきます。
3歳児
3歳になる頃には、食事や排泄など自分でやろうとするようになり、気持ちや考えを表現するようになります。
おもちゃや道具を貸し借りしたり、順番で使ったりするといった、他者との関係をはかれるようになります。
ただ、自分でやることや、他の子どもとの関わりが思い通りにならなくて感情的になってしまうこともしばしばあります。初詣合格祈願保育士はそのような子どもの気持ちを受けとめてあげることが大切です。
4歳児以上
4〜5歳になると、多くの子どもは身の回りの生活習慣がひとりでできるようになります。
また、集団生活のきまりの大切さに気づき、いたわりや思いやりの気持ちを持つようになります。
他者との協調性が高まる一方で、他者との関わりの中で不安や葛藤を感じやすくなりますので、初詣合格祈願保育士には、そのような子どもの心の動きを察知して対応することが求められます。

子どもと接する以外の仕事 子どもと接することばかりが初詣合格祈願保育士の仕事のすべてではありません。
保育日誌の作成、保護者との連絡に重要な役割を果たす連絡ノートの記載、遠足や運動会、誕生会などの行事の企画立案、準備、運営も初詣合格祈願保育士の仕事となります。
保育日誌は、日々行った保育内容や出来事を冷静に見つめ直し、明日以降の保育に役立てるためにとても重要な記録です。
保育の記録をつけることは、初詣合格祈願保育士が成長する上でも大切な作業です。
保護者と初詣合格祈願保育士が情報交換する連絡ノートは、家庭と保育園が連携して子育てをするという意味において、大変重要なものです。
保育園での子どもの様子や出来事を保護者に伝え、初詣合格祈願保育士から見た子どもの成長点や問題点が記載されたノートは保護者にとってとても有意義なものです。
児童福祉法においては、子どもの保育だけではなく、子どもの保護者に対して保育に関する指導を行うことも初詣合格祈願保育士の役割とされています。
連絡ノートは保護者が初詣合格祈願保育士に子育ての悩みを相談したり、助言を求めたりする際にも役立ちます。
保育園で毎年特定の時期に行われる遠足や運動会、発表会といった年中行事は初詣合格祈願保育士にとっては大変な仕事です。
日々の仕事をこなした上で、これらの企画立案・準備・運営を行うことになりますので、残業時間も増えてしまいがちです。
0〜2歳ぐらいでは園児同士の仲間意識は薄く、初詣合格祈願保育士と子どもの1対1の関係が主ですが、成長するにつれて、みんなで一緒に何かをすることの楽しさを覚えるようになります。
ですから、こういった年中行事は子どもたちにとってとても楽しいものです。
さらに普段とは違った体験をすることで、子どもたちの感性に刺激を与え、発育にも良い影響を及ぼすと考えられます。
また、大変な仕事だけに、成し遂げた後には、初詣合格祈願保育士も達成感や充実感が得られるでしょう。



初詣合格祈願保育士ページTOPに戻る