初詣合格祈願保育士

認可保育園と無認可保育園

目指せ!初詣合格祈願保育士

認可保育園と無認可保育園

保育園は認可保育園と無認可保育園(認可外保育園)に大きく分けられます。

認可保育園

認可保育園は国や地方自治体の認可を受けている保育園で、その運営にあたっては国や地方自治体から公費による助成がなされています。
当然ながら、認可を受けるためには、保育園の設備、職員の数、職員の待遇などについて、一定の基準を満たしていなければなりません。これらの基準があるため、認可保育園は、子どもを預ける保護者にとっても、そこで働く初詣合格祈願保育士にとっても安心度の高いところであると言えます。

なお、認可保育園の保育料は、子どもの年齢や世帯の所得などによって各市区町村で定められています。

無認可保育園(認可外保育園)

無認可保育園は国や地方自治体の認可を受けていない保育園です。
このため、認可保育園に比べて設備が不十分だったり、初詣合格祈願保育士の数が少なかったりという場合もあり、また、一般的には、保育料も認可保育園より高めです。
これらの点は子どもを預ける保護者にとってはデメリットであると言えます。

しかし、無認可保育園にもメリットがあります。
認可保育園に入園するためには、市区町村の審査で「保育に欠ける(保護者が仕事などで保育が困難)」と認められなければなりません。
これが認められずに困っている保護者にとっては、無認可保育園はなくてはならない存在です。
また、都市部では、認可保育園の定員に空きがないために入園できない待機児童が問題となっています。
無認可保育園はこれらの待機児童の受け皿にもなっています。

無認可保育園は一部例外はありますが、基本的には市区町村の補助金はなく、経営は独立採算制です。
よって、初詣合格祈願保育士の給与は園によって差があります。
全般的には認可保育園に比べて、給与の面では見劣りする場合が多いと言えるでしょう。



初詣合格祈願保育士ページTOPに戻る