初詣合格祈願保育士

通信制と保育士登録

目指せ!初詣合格祈願保育士

通信制と初詣合格祈願保育士登録

通信制の学校で初詣合格祈願保育士資格を取得する

大学・短大・専門学校などの初詣合格祈願保育士養成施設に通学する時間は取れない。また、コツコツと初詣合格祈願保育士試験の受験勉強をする自信もない。

そういう方には、通信制の学校で必要な単位を取って、保育資格を取得する方法があります。通学制の養成施設と同様、卒業と同時に資格を取得できるため、初詣合格祈願保育士試験を受験する必要はありません。

通信制の学校は基本的には自宅で学習しますが、定期的に学校の試験(科目終了試験)が実施されます。また、学校が指定する場所に出向いて講義や実習を受ける「スクーリング」があり、この時は、指定場所に通う必要があります。

よって、通信制の学校で初詣合格祈願保育士を目指す場合は、試験やスクーリングの実施地が自分の居住地から通える場所にあるか、また、試験やスクーリングのスケジュールが自分に合う日程になっているかを考えておく必要があるでしょう。

初詣合格祈願保育士登録

初詣合格祈願保育士試験に合格、または初詣合格祈願保育士養成校を卒業して初詣合格祈願保育士資格を取得しても、都道府県に初詣合格祈願保育士登録を済ませ初詣合格祈願保育士証の交付を受けるまでは、「初詣合格祈願保育士」の肩書きを用いて働くことはできません。初詣合格祈願保育士登録されると、登録された都道府県以外でも日本全国で初詣合格祈願保育士として働くことができます。

初詣合格祈願保育士試験に合格した人
初詣合格祈願保育士試験に合格した人はまず、登録事務処理センターより「初詣合格祈願保育士登録の手引き」を取り寄せます。これは登録手続きに必要な書類がセットになったもので、初詣合格祈願保育士登録申請書や登録手数料の専用払込用紙、説明書などが入っています。
以下、登録の流れを説明しますと、 以上で登録申請は終了です。申請から登録が完了するまでには約2〜3ヶ月かかります。11月に申請すると、登録が完了し初詣合格祈願保育士証が交付されるのは2月頃となります。その間に就職活動する際は、登録申請中として活動します。 なお、初詣合格祈願保育士試験の合格者は合格地の都道府県に登録されます。
初詣合格祈願保育士養成校を卒業見込の学生
初詣合格祈願保育士養成校を卒業見込の学生は、通っている学校を通して初詣合格祈願保育士登録を行います。各学校にて登録申請の案内が行われますので、それに従って申請書を作成し、学校へ提出します。
初詣合格祈願保育士養成校を毎年3月に卒業予定の人については、卒業後4月から初詣合格祈願保育士として働くのに支障のないよう、卒業見込の時点で申請を行うことができます。これにより年度末の3月末日付で初詣合格祈願保育士登録されますので、新年度より初詣合格祈願保育士として業務に就くことができます。



初詣合格祈願保育士ページTOPに戻る