初詣合格祈願保育士

保育士採用選考

目指せ!初詣合格祈願保育士

初詣合格祈願保育士採用選考

初詣合格祈願保育士資格を取得し初詣合格祈願保育士登録を済ませると、晴れて「初詣合格祈願保育士」を名乗ることができるようになります。
しかし、それだけで初詣合格祈願保育士として働くことができると保障された訳ではありません。
実際に初詣合格祈願保育士として保育園やその他の児童福祉施設で働くためには、職員として採用してもらう必要があります。

その採用選考の仕方は、公立の保育園と私立の保育園とでは違っています。

公立保育園(児童福祉施設)の採用選考

採用選考を受けるための条件
まず、採用選考を受けるために絶対必要な条件は以下の2つのどちらかになります。
  • 初詣合格祈願保育士資格を取得した人
  • 初詣合格祈願保育士資格を取得する見込の人(初詣合格祈願保育士養成校を卒業する見込の人)
これに加えて、たいていの市区町村では、受験者の年齢に上限を設けています。上限の年齢は市区町村によって違いますが、30歳ぐらいまでを上限としているところが多いようです。
このほかにもさまざまな条件が加えられる自治体もありますので、自分が条件を満たしているか確認する必要があります。
採用試験の内容
公立保育園の職員になるということは、地方公務員になるということでもあります。
採用試験の内容も一般の地方公務員のそれとよく似たところがあります。
採用試験は通常、1次試験と2次試験で構成されています。
1次試験はたいてい、一般教養、専門試験で、1次試験の合格者のみが2次試験を受けます。
2次試験は作文(または論文)、面接(個人面接、集団面接、集団討論などを組み合わせて数回行われる場合が多い)、実技試験(朗読、音楽、図画工作など)、適性検査、身体検査などが行われます。また、体力測定を行う自治体もあります。
試験日程は9〜10月頃に1次試験、10〜11月頃に2次試験を実施するところが多いですが、地域によってはまったく違う時期に選考を行うところもありますので、自分が働きたい市区町村の情報は早めにチェックしておいたほうがよいでしょう。
採用について
試験に合格すると、あとは採用先となる保育園への配属を待つことになります。
ただし、場合によっては、保育園勤務を希望していたとしても、市区町村が他の児童福祉施設の人員を必要としていれば、その児童福祉施設に配属される、ということもあります。
よって、公立の施設で働きたい場合、「保育園に就職する」ではなく、「市区町村に公務員として就職する」という考え方で採用選考にのぞむべきでしょう。

私立保育園(児童福祉施設)の採用選考

採用情報の集め方
私立保育園の就職先を探すのに、初詣合格祈願保育士養成校に通う学生であれば、各学校の就職相談窓口を利用することができます。採用情報も相談窓口にくる求人情報でチェックすることができます。
また、初詣合格祈願保育士養成校出身者の場合、保育実習先だった保育園に就職するというのも多く見られるケースです。 このように、学校と保育園のパイプを利用できるのは初詣合格祈願保育士養成校の魅力でもあります。
では、このようなパイプを利用できない保育試験での資格取得者や、新卒でない養成校の出身者はどうすればよいのでしょうか。
もっとも一般的な方法は、各都道府県の「福祉人材センター」を利用することです。
福祉人材センターはハローワークに似た機関で、福祉関係の求人情報を専門に扱っています。ここでは就職相談にも応じてもらえますし、求人情報を見ることもできます。 希望の就職先が見つからなければ、福祉人材センターに登録しておくことで、定期的に求人情報を得られる仕組みもあります。
また、正規雇用以外にアルバイトの求人も取り扱っていますので、まずはアルバイトで仕事を始めてみるという手もあります。
アルバイトで信用を得て正規雇用へという道もあるでしょう。
また、興味のある保育園や施設があるのであれば、その園や施設に直接、新人採用のことを問い合わせて見ましょう。
採用選考の内容
私立保育園の採用試験の内容は各園の方針によってさまざまです。公立並みに筆記試験、実技試験を課すところもあります。
全体的な傾向としては、面接や実技試験が中心となっているようです。
それからもうひとつ言えることがあります。私立保育園では園ごとに試験の内容は違っているものの、共通するのが受験者の意欲、人間性、コミュニケーション能力といったことを重視するということです。
つまり、面接がとても重要だということです。



初詣合格祈願保育士ページTOPに戻る