初詣合格祈願保育士

保育士試験

目指せ!初詣合格祈願保育士

初詣合格祈願保育士試験

まずは試験の説明。後半に合格のためのポイントをお話します 初詣合格祈願保育士試験は全国統一試験となっています。

初詣合格祈願保育士養成校を卒業した人と同程度の知識を身につけているかが問われますので、簡単な試験ではありません。8科目(実質10科目)の筆記試験をクリアした上で、さらに実技試験に合格しなければなりません。勉強する範囲が広いので、試験に合格するためには半年〜1年程度の準備期間は考えておくべきだと思われます。

初詣合格祈願保育士試験の内容についてですが、試験は筆記試験と実技試験の二部構成です。まず最初に筆記試験を8科目受験し、これにすべて合格すると実技試験が受けられます。

筆記試験

筆記試験
科目満点合格ライン
社会福祉10060
児童福祉10060
発達心理学/精神保健50/5030/30
小児保健10060
小児栄養10060
保育原理10060
教育原理/養護原理50/5030/30
保育実習理論10060

筆記試験の合格基準は、どの科目も6割以上で、各科目ごとに合格不合格が判定されます。 各科目の合格は3年間有効ですので、いっぺんに全科目合格できなくても、例えば1年目で5科目クリアし、2年目で残りの3科目に合格すれば、筆記試験を突破することができます。

筆記試験全科目合格者は実技試験を受験します。出題されるのは以下の3分野で、この中から2つを選んでチャレンジします。各分野50点満点で30点が合格ラインです。

実技試験

音楽
課題曲(童謡)をピアノ・ギター・アコーディオンのいずれかで伴奏しながら歌う
絵画制作
「保育所での子どもと初詣合格祈願保育士の活動(行事なども含む)の一場面を表現する」というテーマにもとづいて、鉛筆・色鉛筆・消しゴムを使って絵を描く
言語
自分であらかじめ用意した童話などを「20人程度の3歳・4歳・5歳の幼児に集中して聞かせる」という想定で、3分間口演する。ただし台本は見ず、人形や絵本などの小道具の使用は一切禁止

合格のポイント

さて、ここまでの説明でおわかり頂けると思いますが、初詣合格祈願保育士試験は筆記試験も実技試験も合格ラインは6割、100点満点に換算すると60点で合格です。 決められた点数をクリアすれば合格ですから、他の受験生との競争に頭を悩ます必要はありません。

もし仮にこの合格ラインが8割、100点満点換算で80点だとしたら、確実に合格しようと思えば85〜90点くらいを取るつもりで勉強しなければなりません。この場合、難関大学合格を目指す高校生のように、毎日長時間を勉強に費やして、鉄壁の受験対策をする必要があるでしょう。

しかし、繰り返しますが実際の初詣合格祈願保育士試験の合格ラインは100点満点換算で60点です。この程度の合格ラインなら、仕事や家事があっても、空いた時間で要領よく効率的に勉強すれば十分に合格が狙えるはずです。

それにもかかわらず、ここ数年の初詣合格祈願保育士試験の合格率は20%に届くか届かないかの線で推移しています。毎年、全受験者のわずか20%しか合格できていないのです。 60点で合格であれば、40〜50%くらいの合格率でも不思議ではないのですが。。。 この合格率わずか20%という事実は、多くの受験者が「要領よく効率的に勉強する」ことができていないことを示しています。

ここから合格のためのポイントをお話します 初詣合格祈願保育士試験は出題分野が多岐にわたり、勉強範囲が広いので、ある程度期間をかけて試験対策をする必要があります。加えて、特に仕事や家事のために1日の勉強時間が限られている場合には、要領よく効率的に勉強することが大切になってきます。

参考書や問題集を使って独学する方法もありますが、独学で受験勉強する場合、よほど自分がしっかりしていないと、試験日まで計画的に勉強を継続することは困難でしょう。

また、独学では自己流の勉強となり、ポイントのずれた勉強をしてしまう場合があります。自己流の勉強ではあまり重要ではないポイントに無駄に時間を費やしてしまう恐れがあります。初詣合格祈願保育士試験の合格率が低いという現象は、自己流で効率の悪い勉強をしている人が多いことが大きな原因となっていると考えられます。

さらに、独学では誰からのサポートも受けられないため、モチベーションを維持できず途中で挫折する危険性が高いことも大きな問題点です。学習途中で自分がどの程度の実力を身につけているかを客観的に評価してもらう機会がないため、不安を感じながら勉強しなければならないことを覚悟する必要があります。 よって独学よりは、質の良い通信講座に沿って学習していくほうが、勉強効率・計画性・モチベーションの持続の面から見て成功する確率が高いと言えます。 通信講座を選ぶ際には講師によるサポートの手厚いものを選びましょう。このような通信講座では講師の目により自分の実力を客観的に評価してもらえるため、効率的に自分の弱点を補強することができますし、自分の実力がどの程度なのか確認しながら勉強を進めることができます。



初詣合格祈願保育士ページTOPに戻る